作品詳細

メサイア外伝−極夜 Polar night−

ストーリーと解説

国家最高機密のスパイ組織、警察省警備局特別公安五係。通称サクラ。 チャーチと呼ばれるサクラ育成機関に集まる新人サクラ候補生達。 サクラとは時に衝突し、時に協力し合ってきた、三栖公俊(中村龍介)と周康哉(玉城裕規)。 かつて反政府組織「評議会」で数々のテロ行為に手を染めてきた彼らは、評議会壊滅後も自らの理想である「究極の平等」を追い求め、様々な組織を渡り歩いていた。 本当の生い立ちを知り、自らの手で実の父親である堤貴也を殺害した周は、心に傷を負い、唯一心を許せる三栖の元で静かな生活を送っていた。 三栖もまた、周を気遣い、見守る気持ちに迷いはなく、二人の生活の為に志倉(大澄堅也)の下で働くことを決意する。 そんな中、新東京市内で連続爆破事件が起こる。 新人サクラ候補生である御池(長江峻行)、柚木(山沖勇輝)、小暮(橋本真一)が調査を開始。 そして一嶋(中原裕也)に新人の指導を命じられた白崎(赤澤燈)は、何も言わず姿を消したメサイア、悠里を追ってチャーチを脱走してしまう。 三栖は志倉の立ち上げた新しい部署、通称「キンダー」で、周・グエン・衝吾(伊藤孝太郎)と出合う。 エリートである周・グエン・衝吾は、傍若無人な三栖の態度が気に入らず、不信感を募らせていく。ぎくしゃくした雰囲気の中、キンダーに集められた捜査官達は、志倉の命により宗教法人『照る日の杜』が関わる未解決事件を追い始める。 一方、周は三栖の革命の原点となる事件に周家が深く関わっている事実を知ってしまう。 三栖の革命が自分にとっての理想にもなりつつある周だったが、その前に立ちふさがる周家の罪を突きつけられ絶望感に苛まれていく。 そして新東京市の地下で蠢く北方連合の新たな罠。『照る日の杜』を探る三栖とキンダー、理想と現実の狭間で追いつめられていく周、悠里を追う白崎、初任務に就くサクラ候補生、北方連合が放つ新たな刺客、連続爆破事件を追うサクラ。 交わるはずのなかった彼らの道は「間宮レポート」により、新たな「絶望」と「未来」と「戦い」の名の下に1つに集められていく。

キャスト 玉城 裕規/中村 龍介
監督 山口 ヒロキ
製作国 日本
本編時間 未定
字幕・吹替 邦画
備考

(C)2017 映画メサイア外伝製作委員会

映画公開日 2017年06月17日

日付選択

映画をご覧になる日付を選択し、クリックしてください。
※本日より、3日先までのチケット予約・購入が可能です。

映画サービスデー レディースデー OSデー

時間選択

OSで当作品を上映している劇場が全て表示されます。
映画をご覧になる劇場と時間を選択し、クリックしてください。
※上映時間の30分前までご購入が可能です。
WEB販売が終了していても、窓口ではチケットが残っている場合があります。各劇場にお問い合わせください。

現在上映予定はありません。