作品詳細

字幕)ゲティ家の身代金/Sub)All the Money in the World

ストーリーと解説

1973年にアメリカで実際に起こった、大富豪ジャン・ポール・ゲティの孫が誘拐された事件を、「オデッセイ」「グラディエーター」など数々の名作を送り出してきた巨匠リドリー・スコット監督のメガホンで映画化したサスペンスドラマ。73年、石油王として巨大な富を手に入れた実業家ジャン・ポール・ゲティの17歳の孫ポールが誘拐され、1700万ドルという巨額の身代金を要求される。しかし、希代の富豪であると同時に守銭奴としても知られたゲティは、身代金の支払いを拒否。ポールの母ゲイルは、息子のために世界一の大富豪であるゲティとも対立しながら、誘拐犯と対峙することになり、やがて事件は思いがけない方向へと進んでいく。ゲイル役をミシェル・ウィリアムズ、ゲイルのアドバイザーとなるフレッチャー役でマーク・ウォールバーグが出演。ゲティ役をケビン・スペイシーが演じて撮影されたが、完成間近にスペイシーがスキャンダルによって降板。クリストファー・プラマーが代役を務めて再撮影が行われ、完成された。

キャスト ミシェル・ウィリアムズ/クリストファー・プラマー/マーク・ウォールバーグ
監督 リドリー・スコット
レイティング R15+
製作国 アメリカ
本編時間 133分
字幕・吹替 字幕
備考

(C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画公開日 2018年05月25日

日付選択

映画をご覧になる日付を選択し、クリックしてください。
※本日より、3日先までのチケット予約・購入が可能です。

映画サービスデー レディースデー OSデー

時間選択

OSで当作品を上映している劇場が全て表示されます。
映画をご覧になる劇場と時間を選択し、クリックしてください。
※上映時間の30分前までご購入が可能です。
WEB販売が終了していても、窓口ではチケットが残っている場合があります。各劇場にお問い合わせください。

現在上映予定はありません。