作品詳細

字幕)バトル・オブ・ザ・セクシーズ/Sub)Battle of the Sexes

ストーリーと解説

「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーンが実在のテニスの女王を演じ、1970年代に全世界がその行方を見守った世紀のテニスマッチ「Battle of the Sexes(性差を超えた戦い)」を映画化。73年、女子テニスの世界チャンピオンであるビリー・ジーン・キングは、女子の優勝賞金が男子の8分の1であるなど男女格差の激しいテニス界の現状に異議を唱え、仲間とともにテニス協会を脱退して「女子テニス協会」を立ち上げる。そんな彼女に、元男子世界チャンピオンのボビー・リッグスが男性優位主義の代表として挑戦状を叩きつける。ギャンブル癖のせいで妻から別れを告げられたボビーは、この試合に人生の一発逆転をかけていた。一度は挑戦を拒否したビリー・ジーンだったが、ある理由から試合に臨むことを決意する。ビリー・ジーン役をストーン、ボビー・リッグス役を「フォックスキャッチャー」のスティーブ・カレルが演じ、「インディペンデンス・デイ」のビル・プルマン、「チョコレートドーナツ」のアラン・カミングらが共演。監督は「リトル・ミス・サンシャイン」のジョナサン・デイトン&バレリー・ファリス。

キャスト エマ・ストーン/スティーブ・カレル/アンドレア・ライズボロー
監督 バレリー・ファリス
製作国 イギリス/アメリカ
本編時間 122分
字幕・吹替 字幕
備考

(C)2017 Twentieth Century Fox

映画公開日 2018年07月06日

日付選択

映画をご覧になる日付を選択し、クリックしてください。
※本日より、3日先までのチケット予約・購入が可能です。

映画サービスデー レディースデー OSデー

時間選択

OSで当作品を上映している劇場が全て表示されます。
映画をご覧になる劇場と時間を選択し、クリックしてください。
※上映時間の30分前までご購入が可能です。
WEB販売が終了していても、窓口ではチケットが残っている場合があります。各劇場にお問い合わせください。

現在上映予定はありません。